QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年後、死ぬことがわかっていたら何をして過ごしますか?

あけおめーことよろー

天色のアンケートはがきが現在進行形で手元にあるのにもかかわらず、ゆずソフトから年賀状が来たのには驚いた。
来なかったらそれをネタにひと記事書こうかとも思ってたんだが。。

今年もゆるーくやっていきますよ。
そう言っておけば怠けた時の言い訳になるtでも思ってるんですかねこの人は。

なにはともあれ閉鎖しないでのんびり続けていきたいと思います。

とりあえず年始の恒例行事(今年で3回目)1月4-5日の旅の移動中に読んだ本のことでも。
珍しく一日で読み切ったんで忘れないうちに


先日、といっても年末の事なんですが、本屋の新刊コーナーを眺めていると一冊の本のタイトルに目が止まった。
目的なく本屋に行くとだいたいの確率で目に止まった興味深い一冊を買う。目的なく来た理由が見つかるかもしれない、と思うからだ。
最近時間もお金も寂しく、続編もののラノベ(といってもラノベの殆どは否応無く続く)を買わなくなった。積むからだ。エロゲも積んでいるが、あれは物語単位で積んでいるせいか、ある程度の気力と興味で何とかなる。だが、一つの物語が積み重なった場合、相当の気力がないとついていけなくなる。
そればかりか、もういいや、と諦めてしまう。
たがら最近は一冊単位の小説を買うようになった。一冊300頁前後に物語をどう収めているか、その辺りも含めて一冊ものは読んでて楽しい。

今回目に留まったタイトルは「あなたのために、ネコはゆく」だ。買うきっかけは他に候補に上がったものと比べて結末の予想がつかなかったからだ。
衝動買いは成功だろうが失敗だろうが構わない。

今日まで読んでなかったのだが、旅の帰り道、時間が余りあり、結局読み尽くしてしまった。

感想的なものを書くのであれば、

総合点数的に65点(ギリギリ及第点
これはそれぞれの人物がリアルだったりと物語本線より設定やらの基盤に支えられた部分が強い。

物語としては、自殺しようとしてる人に「一年生きてみろ、代わりに何でも願いをかなえてやる、だが一年たったら命をもらいに来る。」という死神。願いをかなえてもらい一年生きた人たちの心境変化、真の幸せとは何かを探し求める猫。人の喜ぶことなら何でもする猫と、人の命を奪いきれない死神とその周りを取り巻く人間たちの話。

ストーリー構成:70点
構成は登場人物の視点で分割して書かれている。
同時進行で進むいくつもの物語と捉えればこのパターンで書くと面白いが、話が急展開を迎えた時のビジョン切り替わりはある種の「いいところでCMが!」に近い何かを感じる。
ある程度終盤に差し掛かったところで場面切り替えを減らしたりするなどしてできるだけ全体を読ませる工夫があればいいと思った。

ストーリー:55点
終盤、というかラストの大一番が盛り上がりに欠けていた。というよりかはよくわからなかったというか。
それまでの流れはとても面白く、自分の予想した結末は3つぐらい考えた。
が、盛り上げたものの収束方法が思いつかずに一気に片づけてしまった、ような感じがして仕方がない。

せっかくの複数視点構成なんだし、悪役のビジョンもあったらよかったのになぁとか、悪役がほんとにそれだけの扱いで、彼なりの正義なんかも描かれてもよかったのでは?と。ほかの人間描写がこまかかっただけに、少し残念な気がした。
まぁ、人間と死神という大きな境界線を表現しているとも考えられるが、ちょっと先述の通り扱いが雑だったかなぁと。

人物:85点
ここが大きな読みどころです。人間とは得てしてこんな生き物だよなぁ。と思うところたっぷりです。
そのあたりの描写ややり取りなどは個人的にすごく面白く一気に引き込まれた。物語の展開次第ではほかにいくらでもエンディングが思いつくほどですが。

総評
おしかった。これに尽きるかもしれない。
「人の幸せとは何か」改めて自問してみたくなりました。


あなたのために、ネコはゆく (メディアワークス文庫)あなたのために、ネコはゆく (メディアワークス文庫)
(2013/12/25)
永田ガラ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

最近の模型事情

IMG_1598.jpg
飯テロドーン!


ってことで行こう行こうと言いながら3か月ぐらいたってしまってたラースと食べに行こう約束を果たしてきました。
ついでにもろもろ忙しかったことのお疲れ会もかねて。

まぁ、雨の中往復8キロを傘差して歩くという追加のお疲れ要素もありましたけどね!

そんなことは気にしない気にしない

ふと昔の記事を読み返してたんですが、案外まともにふざけたこと書いてて昔の自分の文才に嫉妬しちゃったり。。
なんというのか、その当時の価値観というか、物の捉え方というのか、今とは違っててなんだがちょっぴりさみしくなったり。

あのころは日課のように書いてたからねー
今日は何書こうかなーと、楽しみにしてたような気もします。

最近はこのページに来たら何書きたくなるんですが、それ以外だとそうでもないから時の流れはとにかく怖い。

それにしてもよくもまぁ、毎日のように書くネタがあったもんだなー

今日のネタは昨日ちまちま作業してようやく本格的に作り始めた1/700の瑞鳳のことを書こうかなっと。

あ、もちろん瑞鳳を選んだ理由は艦これで一番のお気に入りだからですよ?
117[2]

でも、それを抜きにしても「空母」って結構好きなんですよね
昔のプラモ全盛期(小1~5)のころは特にアメリカ軍の戦闘機やら空母やら作ってましたからね
(F-14とかF-16とかYF-22(F-22の試作機)とか空母エンタープライズとか)
小学5まで来るとソ連のSu-35とかMig-31とかの方に浮気してた気がしますけど…

ちなみにエンタープライズは述べ合計3隻作ってますw
どんだけ同じの作ってんだよって感じですが…

かっこいいじゃないですか、空母!

そんなわけで昔から好きだった空母なのですが、日本海軍の空母は作ったことなかったんですよね。
というか日本海軍のプラモ自体作った記憶がないんですよね。
唯一どでかい爆撃機みたいなのは作った記憶がありますが、それだけ。。

恐らく小学生の自分には「食っちゃ寝赤城」とか「クールビューティ加賀」とか「幸運艦瑞鶴」とか「被害担当艦翔鶴」とか「紫電改」とか「零戦52型」とか難しすぎて読めなかったから手を伸ばさなかったんでしょうね。

その点カタカナってスゲーよな、小学1年でも読めるからな!
トムキャットとかテルミナートルとか

そんな感じでこの年になって初めての日本海軍の航空母艦を作りませう。
IMG_1600.jpg
とりあえず飛行甲板が2パーツに分かれてるので塗装の際に面倒にならないように、今のうちに飛行甲板(写真:左)だけを独立させて接着しました。
船体(写真:右)はWLシリーズなので高さに欠けますが、もし気力があれば改造しようかとも。

IMG_1601.jpg
船尾は飛行甲板を支える柱が5本。取り付けるのやらパーツ磨くのやら大変でした。

そして個人的に楽しいのが艦載機の塗装。
小さくて物凄く面倒そうですが…その日を楽しみにしようと思います。

IMG_1602.jpg

艦載機のサイズ平均12mm程度…ぬ、塗れるのだろうか?
ちなみに3機いるうちの先頭のは「流星改」
battle[526]
なんとこのキットには1機しか付いてない、プラモの中でもSホロってわけですか。(増産には課金が必須ということか)

IMG_1603.jpg
真ん中のは「天山」
飛行機 (4)[0]
ラーメン食べてる子はついてない…ですよねー
天山は4機ついてます。「流星」がついてないので一気にランクダウンした感が否めません。。

最後尾は「彩雲」日本海軍最速の偵察機ですね。
IMG_1604.jpg
battle[528]
キャノピーがやたら長いけど何人乗りなんだろー(調べたら3人乗りでした


こんな感じでちまちま作っていこうぜシリーズ、さらにお抱えのものが増えましたね

・地球連邦軍61式戦車:仮組は終わったものの、方針を支えるパーツの歪みにより中断
・メタルギアREX:置き場所がないため部分部分のみ

まぁ、それでもプラモ作るのは楽しいよね

潜入任務準備

例によってお久しぶりです。

授業が終わっても他の予定で天色やる時間がまだ確保できず。
そして何故か喉が痛くなり熱が出てダウン。

このタイミングでダウンとはなんとも辛い。

ゆずぱらイベントも(気付けば)終わり、ぼっちギルドのわりには着々と順位を上げて…
ってそりゃなんイベントごとに垢増やしてたらそうなるよ。

まぁ、そんなことは置いといて
またこの季節がやって来ましたね。

あの伝説的縦断旅行を行なってもう1年。

その後色々あってお三方の住所もちゃっかり入手。
これは宅配テロ以外で何かしら出来るぞ?

日付は公表しないがこの夏休み中に一度東京と日本海側に行くことがあるため、これはアレをやるしか無い。
オフレコ投函テロだ。
場所など今の時代、検索するだけで丸わかりな恐ろしい世の中。
その算段もだいぶついてきた。
後はいかにして正確な場所に何かしらを放り込むか。
如何せん時間がない。
とある場所に関しては往復で30分しか無い。
列車を逃せば計画そのものが頓挫。
絶対に場所を間違えず、気づかれずに接近する。まさにスニーキングミッション。

宣言だけして参上する、これだと怪盗みたいだど。

あ、あとポケモンの大会もカツカツスケジュールの中でも敢行しようと画策中。
まぁ、参加者が集まらなきゃ計画止まりですけどね。

今年の夏も色々やる夏にして行きたい所存。

油川―津軽宮田

ここも有名な撮影地。
油川駅より歩いて10~20分程度。

夏場は寝台急行「はまなす」の撮影もできるが、当然乗れる列車は走っていない。
通過時間は5:30

ついで言うと周辺に宿なし。

そうなると車での立ち寄りが一番有効なわけだが、免許を持っていないものは撮影できないのか!?

そんなあなたに我々が証明して見せます。
免許がなくても、車がなくても、列車が走ってなくても!
撮影出来ます!


ME4_2236.jpg
恐らく最高の撮れ高といってもいいのではないでしょうか。
天気も日差しも完璧。
(2012.8.30)

ME4_2180_02.jpg
ちなみに4:30でこの明るさです。
これから約1時間の間で急激に明るくなります。
この時間帯に「北斗星」も通過するのですが、8月末では暗いです。

ME4_2222.jpg
「はまなす」通過の前に一本貨物が通ります。


撮影場所までの行程は
東青森のガスト出発 2:10
↓徒歩
青森駅到着 3:30
↓タクシー
油川駅到着 3:50
↓徒歩
撮影地到着 4:20

==========

約一週間分の荷物を引きずっての東青森駅→青森駅間の徒歩は想像を絶するものでした。
歩いているだけで足、攣ります。

実行の際にはお気をつけて。

敦賀―新疋田

授業で作成中のギャラリーのデータベースとしてブログを使うことになり、いくつか過去の撮影地でのデータを書き残すことにします。

まずは「敦賀―新疋田」
ループ線を俯瞰するという構図です。

ME4_3704.jpg
この周辺には現在めぼしい列車が殆ど走っていません。(2013.7.13現在)
あるとすれば「トワイライトエクスプレス」ぐらいでしょうか?


ME4_3744.jpg
かつては寝台特急日本海も撮影出来ました。
今になって思うと日本海廃止は今後のプラン立てにおいてとても多いな損失だったなぁと。
また不定期でもいいんで運行して欲しいところ。

ME4_3767.jpg

ME4_3698.jpg
この撮影地からは敦賀駅周辺が見えます。
カメラの望遠レンズを使えば駅から出る列車も確認できます。
プロフィール

cube37

Author:cube37
「それでも自分は自分でしかない」

何にだって一途でまっすぐに。
…重い? すみません

色んなことに手を伸ばしたがる性格…みたいです

リンク&相互24時間受け付けています(ぇ

何かご用の方は下記アドレスまで
cube_k8492▼yahoo.co.jp
▼を@に変換

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
バロメーター
カレンダー
〔日誌性能グラフ〕
ついったー
リンク
アクセスカウンター
COUNTER_02【試験走行中】
ブロとも一覧

ふいるのてきとうぶろぐ☆

blue sphere

GangXiaoLang

とあるエリナへの愛情目録

ななつのすずのね-septemgrass-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Linkage
あま*カル合同バナーキャンペーン開催中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。